たけちゃん発電所〜マイホームとソーラービジネス〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽光発電、回収率の計算の元となるものは・・・

<<   作成日時 : 2014/03/13 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014年3月13日(木)

他の方のブログを拝見すると、○○○回収率、何%と、書いてあるものを見かけます。

その回収率の計算の元となるものが、ブログ筆者によって、異なっていると思います。

私のブログにも、システム設置費回収率と、累積総費用額回収率の標記があり、%で、表しています。


今日現在にかかった、私の太陽光発電の経費をここに、上げます。

エクセルを使って、経費の追加をしながら、計算していきます。

画像


@ システム設置費 \6,580,000(344,864円/kw)

A 引き込み電柱工事費 \70,000

B 連系工事費 \46,900

C 解体・整地費 \402,490

D フェンス設置費用 \447,510

E 土地家屋調査士費用 \154,000

F 金利利息(融資) \729,827

G 水道メーター移設費 \26,250

H 水道利用料(工事時) \840

I 固定資産税(2014年土地分) \12,001

J 保険料(2014年度分) \14,200

K メンテナンス費 \0

累積総費用合計金額 \8,484,018


ここで、@〜Hは、経費の増加は、ないので、確定です。

I〜Kは、ランニングコストとなるので、毎年又は、その都度、増加していきます。

これが、私の太陽光発電の回収率の計算の元となって、何%と、表示してあります。

中部電力から届いた、明細から、実売電金額を計算して、その実売電金額累計を使います。


システム設置費回収率:

実売電金額累計 ÷ @システム設置費 \6,580,000 × 100 (%)



累積総費用額回収率:

実売電金額累計 ÷ 累積総費用合計金額 \8,484,018 × 100 (%)



この回収率の計算から、累積総費用額回収率が100%を越えた時点で、この太陽光発電の全ての元を取ったことになります。

いかに、太陽光発電は、経費を抑えて、設置して、ランニングコストをかけず、運用していくのかで、元が早くに取り返せるかに、なると思います。


累積総費用額回収率が100%となるには、シュミレーションで、年736,193円の売電収入が見込める計算なので、11年と190日を越えれば、なるようです。

あとは、実売電量が、多ければ、回収年月が短くなると思うので。

一日でも、早く全回収ができれば、いいな。



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして、頂けるとうれしいです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
実はうちも知らなかったのですが、パワコンの消費電力は電灯契約で行われているようで1基300円程度の請求が来てませんでしたか?
うちもカナディアンと田淵の組み合わせなので妙に親近感が沸きまして・・・
中部電力は電灯契約しか選択肢がなく、関西などだと隣に家が建っていればそちらに含めて消費量に応じた電力計算してくれる「らしい」です。
うちも中部でして、屋根上に40キロ弱乗せてるんですがパワコンの消費電力なんて微々たる量なのに固定料金かかっちゃって損した気分を味わってます。
さんとみ
2014/03/13 14:26
こんにちは。
パワコンの消費電力は、10kw未満の余剰買取の場合は、設置した住宅の電気代に、合算されてきます。
10kw以上の産業用では、全量買取なので、基本料金を含めた電気料金が、請求されます。
まだ、私のところには、請求が来ていませんが、このパワコンの消費電力の電気料金も、ランニングコストとなりますね。
たけちゃん発電所
2014/03/13 14:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
太陽光発電、回収率の計算の元となるものは・・・ たけちゃん発電所〜マイホームとソーラービジネス〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる